脱毛の基礎知識 ~脱毛処理後のトラブル~

カミソリや脱毛テープで処理していた頃、様々な肌トラブルに見まわれ、別の悩みが出来てしまったことがありました。脱毛処理について学ぶ上で避けては通れない問題だと考え、まとめてみます。

「剃ると濃くなる?」
よく「毛を剃ると濃くなるよ」と言われますが、実際はそのようなことはないようです。
毛包の数は胎児の時に作られた数で決定され、成長過程で増えるものではないし、毛の太さも基本的には変わらないそうです。剃ると毛の断面が見えるようになり太くなったと錯覚されるようです。

「肌荒れ」
自己処理で肌が荒れることはよくあります。それぞれの方法で起こりうる原因について調べました。
・カミソリ肌にとって必要な角質層まで削り取ってしまうことがあるため、荒れてしまう
・脱毛ワックス・クリーム薬品の肌刺激が強い。また剥がすときに必要な角質を傷つけることもある。
・毛抜き抜いた後の毛が埋没毛になったり、その毛穴にばい菌が入り炎症を起こしてしまうこともある。

「埋没毛」
埋没毛とは、皮膚の中で発毛、成長してしまった毛のこと。毛抜きやカミソリを使ってむだ毛処理を行うとできやすい。放っておいても自然に皮膚上に出てくる場合もあるうえ、ほとんどのものが内部で分解、排泄されてしまうので、治療を行うことはあまりない。ただ、中には毛穴が炎症を起こし毛嚢炎になることもあるので、その場合は皮膚科や美容外科でレーザー治療をしてもらうのが良いでしょう。原因としては以下が挙げられます。

1、処理時に皮膚が傷つきかさぶたが出来ることで毛穴を塞いでしまうため、毛が表に出てこられなくなる。

2、毛が切れて先が尖り、毛穴以外の皮膚内を貫通してしまうため。
私も膝下にたくさん埋没毛ができた経験があります。主に針などで掘り出す自己処理を行っていましたが、時には血が出たり炎症を起こしたりすることもありました。このような自己治療を行うときは、患部や針をきちんと消毒する必要があるそうです。