脱毛の基礎知識 ~毛の疾患・病気~

脱毛をするにあたって、できるだけ安全に効果的に行いたいことから、病気に関しても調べてみました。

「多毛症」
女性の体毛が異常に多い状態を指し、柔らかい毛が太くなることで毛が増えたように見える状態。毛包の数が増加するわけではない。また、その見た目で精神的に悩んでしまうだけでなく、生理不順や頭髪の脱毛、活動型ニキビが出来やすくなる等の症状も併発することがあります。多毛症は原因により種類がいくつかに分別されます。
1、特発性多毛症(先天性のもので体質的・遺伝的なもの。多毛症の大半を占める)
2、多嚢胞性卵巣症候群・卵巣腫瘍等(後天性のもので男性ホルモンの生産源である卵巣の異常により男性ホルモンが過剰に分泌されるもの)
3、先天性副腎過形成・クッシング症候群・副腎腫瘍など(副腎の異常によるもの)
4、プロラクチン過剰・成長ホルモン過剰(下垂体の異常によるもの)
5、ステロイド、抗けいれん薬の副作用薬剤の副作用
これらの検査は血中のホルモンを測定して行われるようです。特に生理不順がある場合は検査を受けた方が良いでしょう。1の遺伝の場合、特に治療の必要はないですが、やはり気持ち的に気になる場合は、一般的にレーザー等で皮膚の除毛治療が行われます。飲み薬を使えば効果がさらに高まりますが、こちらには保険がきかないようです。

「脱毛症」
様々な疾患やその薬物治療における副作用、ストレスなどで起こることがある。ホルモンバランスが崩れたり、栄養障害などによっても正常な毛の発育や周期に異常が起き、毛が薄くなったり抜けてしまったりすることを指す。

毛に関しての疾患はその見た目から精神的に追い詰められることもあるので、症状に真剣に危機感を覚えたときは病院へ行くのも一つの方法だと思いました。
私や娘の場合は多毛症とまでは言えない状態なので、健康保険などは使わずうまく独力で克服したいと思います。