脱毛の基礎知識 ~適切な脱毛周期~

レーザー、光、電気……どの脱毛にしても、脱毛において注意すべき点は、「成長期」の毛に対してしか意味がないということです。
毛のメカニズムの所でも書きましたが、毛には周期があり、退行期や休止期の毛にはどの脱毛方法も有効に作用しません。
箇所によって違いはありますが、成長期にある毛は人間の身体のうち全体の約3割程度で、残りの毛は皮下に隠れている状況です。これらは光やレーザーに反応しないので、無傷のまま伸びてきます。その伸びてきたところをまた叩く――。この繰り返しが脱毛処理には必要なようです。
また、部位や個人間で毛周期には差があるため、それぞれにあった処置期間や回数があるようです。
これによって言えることは、脱毛処理をしようとする場合、処置前にむだ毛を抜く等の行為をしてしまい成長期の毛を減らしてしまうと、一度に処置できる本数が減ってしまうため、無駄な回数、無駄な時間が施術に掛かってしまうと言うことです。施術前はある程度毛を伸ばす……、少し不都合なこともありますが、これは心がけたいところです。
ここで、脱毛したい各部分の毛周期や期間の平均的な数字を調べておきたいと思います。

・腋成長期毛率:37%期間:4ヶ月休止期毛率:63%期間:3ヶ月最低脱毛必要回数:4回期間3ヶ月
・足成長期毛率:25%期間:4ヶ月休止期毛率:75%期間:6ヶ月最低脱毛必要回数:7回期間6ヶ月
・腕成長期毛率:17%期間:3ヶ月休止期毛率:83%期間:4.5ヶ月最低脱毛必要回数:6回期間5ヶ月
・陰毛成長期毛率:25%期間:4ヶ月休止期毛率:75%期間:3ヶ月最低脱毛必要回数:4回期間3ヶ月