ムダ毛の悩みは連鎖する・・・。

私には若い頃からちょっとしたコンプレックスがありました。それは毛深いということ。
学生時代友達に「毛深いね」と指摘されたことがきっかけで、中学、高校と、毎日手足の毛を剃って学校へ通っていました。脱毛クリームや脱毛テープを薬局で買ってきてがんばったことも覚えています。ですがそれをするとすごく肌が荒れてしまって、よけい見せたくない状態になることもありました。

ですが結婚後、だんだんそんな処理もしなくなり、それは本当に「ちょっとした」コンプレックスに過ぎなくなっていきました。
現在ではカミソリや毛抜きなどでそれなりに処理し、あまりむだ毛が目立つときは、長袖シャツやしっかり膝下まで隠れるデニムなどを履いてなんとなくやり過ごす日々です。40半ばを過ぎて、そんなこと気にしなくても、なんてお気楽に考えていたのですが……。

先日お風呂上がりに、中学に入った娘から足のすね毛を指さされ「お母さんはそれで平気なの?」と聞かれました。それも深刻な調子で。何事かと思って話を聞いてみると、学校へ行くのにスカートから足が出るのが嫌だ――と娘は言うのです。気づかなかった私は母親として失格の気がしました。中学に上がり第二次性徴に入った娘は、どうやら私と同じ「毛深い」という悩みにみまわれ始めたようなのです。「私が毛深いのはお母さんの遺伝なの?」と言われたときは少なからずショックでした。それが原因で不登校だとか、いじめだとかそんな大げさな問題ではないのですが、それでも同じ悩みを体験してきた女性として、この子の悩みをなんとか解決してあげたい……。そう強く思うようになりました。

現在は昔より様々な技術も発達していますし、うまく悩みを解決できる手段があるかもしれない。そう思い、私は「脱毛」について詳しく調べていくことにしました。
このサイトでは「発毛のメカニズム」や「それに付随する情報」、そして「具体的な脱毛処置方法」「脱毛器の各機種特徴と口コミ」などをまとめてみました。
同じような悩みを持つ方の一助になればと考えています。