脱毛器、各機種の機能・性能・出力比較!

現在主流になっている脱毛器を3種類ほど具体的に調べてみたいと思います。
脱毛器はフラッシュ部分に寿命があり、規定の回数使うと威力が落ちるため部品を交換する必要があるそうです。その為、そのカートリッジの値段やフラッシュ可能回数、また、一度にケアできる施術部位の広さなども考慮に入れたいと考えます。
主な希望としては「痛みが少なく肌荒れしにくい」「ランニングコストが安価なもの」「親子で使い回せるようなもの」「効果がそれなりに出るもの」の4点が重要です。

「ケノン」72800円
カートリッジ使用回数50,000発。7,700円。カートリッジに照射回数が表示されるため、家族で利用する場合個人ごとにカートリッジを取り替えて使用できる。照射面積2.0cm×3.5cm。6連射機能(1フラッシュを6分割して照射してくれる機能。肌に優しくなる)搭載。出力レベル調節10段階。痛み・軽い。低レベルではほぼ感じられない程度。眉毛やエチケットゾーンに使えるツィーザー機能搭載。持ち手の重さ120g。日本製。

「モーパプロ」78,000円
カートリッジ使用回数8,000発。6,300円。照射面積2.1cm×3.1cm。連射機能はなし。出力レベル調節8段階。痛み・軽い。低レベルではほぼ感じられない程度。美肌やバストアップなど様々なカートリッジがあり、マルチな使用が可能。スキンケアカートリッジはニキビにも効果があるそう。持ち手の重さ130g。美容大国韓国製。

「センスエピ」39,800円
カートリッジ使用回数750発。5,250円。照射面積2.0cm×3.0cm。連射機能はなし。出力レベル調節5段階。痛み・我慢できる程度。肌色センサーつきで、基本になる肌色を感知し、それ以外を傷つけないようにする独自の企画を採用。持ち手の重さ240g。イスラエル製。

製品機能もそれぞれ特徴的で何に重きを置くかで変わりそうです。ですが肝心なのはその効果。実質的な効果を知るため次の項目では口コミを検索してみたいと思います。